ちいさいおうち

  • まちのLDK
  • お問い合わせ

お知らせ

保育参観を実施しています

/ 保育のこと

保育参観

9月下旬から10月上旬にかけて、保育参観を実施しています。廊下のドアやこどもトイレのドアに模造紙をはり、セロハンのスリット越しに保育や食事の様子を見てもらいます。



普段、家庭では子どもと対面し、相手をしているので、なかなか遊んでいる様子を客観的に見られないものです。その点、保育室でおもちゃや保育者と遊んでいる様子をじっくり見る機会は新鮮だったようです。



みなさん思わず動画や写真を撮らずにはいられないようでした。



散歩にも後からついて出かけます。0歳児はあまりわからないだろうと、かなり近くに寄って見ています。しかし気づいてしまった園児もいたようです。

給食の試食もしていただきました。おいしいと好評でした。園での生活に、家での生活とは違う発見があったでしょうか。

シニアと交流会を開催しました

/ 保育のこと

SONY DSC

敬老の日を前に、9月13日(金)の午後、園児の祖父母や地域の方をお招きし、シニアと交流会を開催しました。

2歳児そら組の子どもたちは午前中、食育活動の一環として、レーズンクッキーを作りました。これを交流会で食べてもらおうというのです。



お昼寝から早めに起きて、14時45分ごろから会は始まりました。園児の祖父母と母親、地域の方合わせて16人が来場しました。ちょっとびっくりして緊張する園児もいました。



保育士による手遊びのあと、地域で絵本読み聞かせの活動をしている「りぷりんと・文京」のお2人が大型絵本を読み聞かせてくれました。



そのあとはお楽しみの会食会です。そら組さんの作ったレーズンクッキーとみそクッキーを各クラスに分かれて食べました。



それぞれが楽しく過ごせた交流会でした。

区立第一中学校の校庭で遊びました

/ 保育のこと

dav

ちいさいおうち小石川には園庭がありませんので、雨の日でない限り、毎日お散歩に出かけます。播磨坂や竹早公園、小石川植物園、消防署、通称すべり台公園(白山3丁目児童遊園)や、茗荷谷駅まで地下鉄丸ノ内線を見に行くことも。まさに「まちじゅうが園庭」です。



しかし最近は保育園が増えたので、どの園でも遊び場の確保が課題となっています。そこで文京区幼児保育課が音頭をとって、区内の小中学校の校庭が使えるよう調整してくれるようになりました。この地域では、区立第一中学校の校庭が使えるようになりました。連携園である区立久堅保育園の調整により、いついつどこの園が使える、というファクスが流れてきます。



雨で行けない日がありましたが、今年度初めて、9月3日に第一中学校の校庭で遊んできました。0歳児はな組、1歳児もり組、2歳児そら組合同です。それでも19人と少人数ですが。



子どもたちは広い校庭で存分に走り回ったり、保育士と地面に絵を描いてみたり、ヨチヨチ歩きをしてみたり。のびのびと遊んでいました。



10月は2回、第一中学校の校庭で遊べる予定です。

ページの先頭へ

Copyright © まちのLDK All Rights Reserved.