ちいさいおうち

  • まちのLDK
  • お問い合わせ

お知らせ

made in koishikawaの梅干し!

IMG_20180721_074412

6月に小石川植物園でいただいてきた完熟梅は結局、梅干しにしようと塩で漬けこみました。



とてもいい感じに漬かっている様子なので、日差しの強かった週末に天日干ししました。



すると、とてもいい梅干しに仕上がりました。赤紫蘇を入れていないので、白干しです。



このところの酷暑で職員も参ってしまいますが、ちょうどよいサイズの梅干しなので、勤務前につまむと元気が出ると好評です。しょっぱすぎず、甘すぎず、まさにちょうどよい塩梅(あんばい)です。

小石川で完熟した梅を使い、ちいさいおうち小石川で仕込んだ梅干し。これぞメード・イン・小石川の梅干しです!

七夕です

七夕玄関

今日7日は七夕。保育園でも願い事を短冊にして、笹の葉に飾りました。



笹は、農家のネットワークをお持ちの株式会社クロナチュール(文京区音羽)の黒須設雄さんがわざわざご持参くださいました。飾り付けて笹を個人用に切って、持ち帰ってもらいました。



子どもたちの願い事は遊具で遊べるようになりたいとか、アンパンマンになりたいとか、シンプルです。



6日の昼食は五目ごはんの上にお星さまが流れていました。おやつでもお星さまのせんべいと、お星さまがのったゼリー。みんなパクパク食べていました。



季節の行事を大事にしていきたいと思います。

梅雨の晴れ間に植物園

/ 保育のこと

dav

梅雨入りした昨日はお散歩に行けなかったものの、今日は晴れ間がのぞくお散歩日和。

そら組は植物園にお散歩に出かけました。春にお花見をした桜の木のひろばは緑がいっぱいで、みんな元気に走り回ります。

すると、草むらにカメがのそりのそり。「カメさんがカメさんを見つけた」と子どもたちは大喜びです。



最初は遠巻きに囲み、男の子たちは木の枝を拾ってつつこうとします。



ミミズも見つけました。でも怖くて近づけない子もいました。



倒木を列車に見立ててみんなで「乗車」。



土を踏みしめ、発見し、探索し、緑の中でいっぱい身体を動かしました。

植物園内の植物などは採取も持ち帰りも禁止ですが、季節によって、入り口に「ご自由にお持ち帰りください」という果実などが並ぶことがあります。昨年秋はカリンの実をいただいてきましたが、今日は完熟の梅の実が並んでいたので、いただいて帰りました。



梅干しにしましょうか。梅ジュースにしましょうか・・・

【食育活動】そら豆のさやむきをしました

/ 保育のこと

ソラマメ9

豆類がおいしい季節となりました。そら組(2歳児)クラスの子どもたちが5月17日、そら豆のさやむき体験をしました。

まずは調理師がそら豆について説明します。「こうやってむくんだよ」



さっそくさやむきに取りかかりました。絵本「そらまめくんのベッド」に出てくるとおり、さやはふっかふかです。みんな上手にむいて、ふかふかベッドの感触を楽しんでいました。



さやむきをしたそら豆は塩ゆでしておやつに提供。みんなおいしそうに食べていました!

「地元」を通した食材選び

/ お知らせ

4食材

ちいさいおうち小石川では、食材にこだわっています。給食の食材は主に文京区内の業者から仕入れています。

米は山形産はえぬきの胚芽米で、千石の「伊勢五

肉は小石川の「井上牛肉店」

魚は千駄木の「山長」

野菜は本郷の「宮前商事」

豆腐は小日向の「小林豆腐店

おやつ用のせんべいやビスケットは根津の自然食品店「根津の谷」。

調味料などは「生活クラブ生協」、砂糖の代わりに使っている甘酒やみそは長野県木曽町の「小池糀店」のものです。



食材だけでなく、たとえばニンジンのサラダなら、干しブドウを甘みに使うなど、おいしく食べやすくなるように調理を工夫しています。おやつも手作りしています。

食べ物は身体と健康のもと。旬の食材で身体にいい給食を提供しています。

こどもの日のお祝い

/ 保育のこと

IMG_0719



5月5日は端午の節句、こどもの日。2歳児のそら組ではこいのぼりを作って飾りました。2日の昼食はこいのぼりのおにぎり。おやつにはこいのぼりクッキーが出ました。みんな、とてもうれしそうに食べていました。





また、園児の親類より、五月人形をご寄付いただき、玄関に飾っております。こどもの成長を喜び祝う日。ちいさいおうちでも、こどもたちのすこやかな育ちを見守りたいと思います。

2018年度入園を祝う会を開催しました

/ お知らせ

説明及川

2018年春、0歳児、1歳児がそれぞれ進級し、新しい0歳児と新しいお友だちを迎えて、定員19人で2018年度が始まります。4月2日、入園を祝う会が開かれました。



在園児(進級児)は普通に保育されているので、担任が一言挨拶してからお散歩へ。防災についての話や園の説明などがありました。



明日から2日間は親子登園。その次に預かりと、だんだんに園に慣れてもらうようにします。お互いを知るために必要な時間ですので、大事にしていきたいと思います。

小石川植物園へ、お花見に行きました

/ 保育のこと

dav

今年は桜の開花が早く、3月下旬にはや満開を迎えています。

27日、満開の桜が美しい小石川植物園にみんなで行ってきました。うれしくて、みんな、駆け回ります。



「トトロさあん」と木のうろに向かって叫ぶ子どもたち。




花と対話する子。



子どもたちが寝転んで見あげた桜の花。



自然の中ではたくさんの発見があります。春を身体いっぱい、満喫してきました。

スペシャルゲストを迎え、保護者会&進級を祝う会&会食会を開催

/ 保育のこと

3安藤さんギター

3月24日、進級を祝う会を開催しました。その前に保護者会、その次にNPO法人ファザーリングジャパン代表で文京区民の安藤哲也さんをゲストに、絵本ライブを実施。安藤さんは子どもが生まれてから「自分のOSが変わった」そうで、仕事もバリバリこなしつつ、パパ's絵本プロジェクトなどのボランティア活動を開始、文京区民としてもPTA会長や行政の委員なども務めてきました。全国津々浦々、講演などで飛び回る日々ですが、地域人としてもバリバリ活動されているロックな人です。



保護者会では保育の様子を写した写真をみんなで見たあと、クラスに分かれて保育の様子の報告や意見交換をしました。



進級を祝う会は、1人ひとりに、担任からのメッセージを添えたカードを渡しました。進級おめでとう!



そのあとは会食会でワイワイ。交流しました。



保護者の方々からはお花をいただきました!



これからも共に育ちあっていけたらいいなと思います。

 

保育交流体験を実施

/ お知らせ

サイト用

ちいさいおうち小石川では、2月と3月、園児と一緒に散歩に行ったり、離乳食や食事の相談に応じたりする保育交流体験を実施しました。対象は保育園に通っていない地域の親子です。



2017年度は9月開園で時間的余裕がありませんでしたが、計7回実施し、子どもを含め計25人が参加しました。公園にお散歩に行って遊んだり、0歳児さんは離乳食を食べる様子を見学して園長から食事についての説明を受けたり、1歳児さんは公園ですべり台をすべったり、砂場遊びを楽しんだりしました。



出産を控えた妊婦さんの交流体験もありました。室内で遊びを見学し、食事について尋ねるなどしていました。



来年度も夏以降に実施する予定です。地域の親子のみなさん、妊婦さん、どうぞご参加ください。

ページの先頭へ

Copyright © まちのLDK All Rights Reserved.