ちいさいおうち

  • まちのLDK
  • お問い合わせ

お知らせ

短冊に願いをこめて/七夕行事をしました

/ 保育のこと

七夕もり (2)

7月7日は七夕。織姫と彦星が年に一度会える日ですね。ちいさいおうち小石川では一足早く、5日が七夕でした。

2歳児そら組は最近、織姫と彦星の七夕伝説を扱った絵本を読んでいました。ちょっぴり難しいけれど、お気に入りの子もいて、読んで読んでとせがんできます。保育室には、スズランテープをみんなで裂いて天の川を作り、七夕飾りや願い事を書いた短冊を飾りました。



1歳児もり組はそれぞれの顔写真を女の子は織姫、男の子は彦星にして、星の形の紙に貼りました。しばらく保育室の窓に飾っていました。



5日の七夕行事食は、炊き込みご飯の上に星型のニンジンがのり、星型のオクラが入ったスープ。おやつは星型のせんべいに星の入ったゼリー。お星さま三昧です。みんなおいしそうに食べていました。



「大好きな電車が見たい」「早くみんなでプールに行きたいな」「ミニーちゃんにいっぱい会えますように」・・・

短冊にはそれぞれの願いが書かれています。降園時に短冊や七夕飾りをつけた本物の笹の葉を持ち帰りました。

そら組がそら豆のさやむきをしました

/ 保育のこと

そら豆さやむき20193

2歳児そら組が、今年度初の食育活動として、そら豆のさやむきをしました。

絵本「そらまめくんのベッド」を読んで、期待を高めた(?)子どもたち。調理師がさやごとそら豆を持ってきてむき方を説明し、みんなでさやむき。



懸命に熱中してむく子もいれば、手触りが気に入らなくてやらない子もいました。そらまめくんのベッドみたいなさやから、そら豆たちが顔をのぞかせます。指でつまんでぽろりと取れたら、「ほら!」と言わんばかりに、子どもたちはうれしそうに見せてくれます。



粒ぞろいのそら豆たちは、調理室でゆであげ、おやつに出しました。食べない子もいたけれど、半数以上はおいしそうに食べました。お迎えに来た保護者に伝えると、「え、家ではゆでても食べたためしがないですけど!」と驚かれていました。

 

卒園と進級を祝う会を開きました

/ 保育のこと

証書(俊太郎) (2)

3月23日は、ちいさいおうち小石川初の卒園を祝う会でした。在園児の進級を祝う会も開催しました。



2017年9月に開園してから1年7カ月、開園当初の1歳児クラスからいる5人、2歳児クラスで入園した2人、計7人がちいさいおうちを巣立ちました。



園長があいさつし、保育証書を手渡します。



担任からはメダル、法人役員からは園での暮らしを映した写真や職員からのメッセージなどを収めたアルバムが贈られました。



子どもたちは緊張することもなく、いつも歌っている「虹の向こうに」をのびのびと歌いました。



いったん退場したあとは、会食会です。





調理スタッフが丹精込めて作った料理が並びます。パンも自家製です。





そして、ケーキも。



0歳児、1歳児の在園児はちょっぴり退屈したり眠くなったりしてしまいましたが、担任から進級カードをもらいました。ベストショット写真と、担任からのメッセージが書かれています。



卒園児は全員、希望の保育園や幼稚園に入園が決まりました。みんな元気に飛び立っていきました。

ひなまつりの行事

/ 保育のこと

ひなまつりそら

3月3日は桃の節句、ひなまつりです。ちいさいおうち小石川では1日にひなまつりにちなんだ行事食を食べ、子どもたちが作った「ひな人形」をそれぞれ持ち帰りました。玄関には、保護者からご寄付いただいたちいさくてかわいい紙のひな人形を飾りました。



2歳児そら組はクレヨンで顔を描き、千代紙で折った着物を着せ、小枝のリースに飾りました。

1歳児もり組はダンボール紙の断面を使ってスタンプ遊びをし、丸や三角、波模様などを台紙に描きました。それぞれの個性が出ている台紙です。



0歳児はな組は、ペタンペタンとスタンプ遊びをしたピンクの紙を花の形に切り取り、台紙に貼りました。人形のお顔は本人の写真です。



昼食は混ぜ寿司、おすましに「おひな様ポテトサラダ」。ノリで顔を描き、キュウリの着物を着たかわいいポテトサラダです。おやつには桃色の豆乳マドレーヌ。



おまけに、そら組は菱餅をイメージしてか(?)サンドイッチづくりの食育活動をしました。ジャムやツナ、キュウリなど好きな具を挟んで食べました。



自分で作ったためか、みんなおいしそうに食べていました。

 

鏡開きをしました

/ 保育のこと

鏡開きアイキャッチ

1月11日は鏡開き。ちいさいおうち小石川でも、玄関に飾っていた鏡餅の鏡開きをしました。



担当は2歳児クラスそら組の子どもたちです。まずは園長が鏡餅について説明。それから、木槌で1人ずつ餅をたたきました。



もちろんそれで餅が割れるわけではありませんが、お正月の伝統行事が少しでも体験できればと思いました。



餅は調理室で細かく砕き、おやつにかき餅にして出しました。みんなよく食べていました。

クリスマスを楽しみました

/ 保育のこと

dav

12月25日はクリスマス!

昼食はローストチキンやクリスマスケーキのメニューでした(牛乳も卵も使っていません)。



2歳児そら組の子どもたちがクリスマスパーティーを楽しみました。



歌いたい! 踊りたい! と言うので、担任がドレスを手作りしました。この数日、「ありのままで」を歌ったり、くるくる回って踊ったり、そら組の子どもたちは「主役」になりきって「ステージ」や「ホール」で遊んでいます。



25日は「本番」。お休みの子もいましたが、並んで歌ったり、踊ったりしました。「観客」からも拍手喝采を受けました。



そら組の子どもたちはもみの木の切り絵にシールをはって、クリスマスカードも作りました。0歳児はな組と1歳児もり組にも渡しに行きました。ついでにもり組では「ショー」も披露していました。

 

 

 

 

保育参観を全クラスで実施しました

/ 保育のこと

2018保育参観

9月下旬から10月上旬にかけて、全クラスで保育参観を実施しました。



廊下やこどもトイレのドアに模造紙とセロハンをはり、セロハン越しに保育室を見ていただきます。



登園後、いったん保護者に事務室や外で待機してもらい、子どもたちがお散歩に出たら、後をこっそりつけます。公園や播磨坂で遊ぶ様子を、遠目に見ていただきました。中には気づいた子もいましたが、普段通りに過ごすことができました。



給食の試食もしていただきました。「よく食べてますね」と、驚かれる保護者もいらっしゃいました。家での様子と同じだったり違ったり、さまざまな発見をしていただいたようです。

 

梅雨の晴れ間に植物園

/ 保育のこと

dav

梅雨入りした昨日はお散歩に行けなかったものの、今日は晴れ間がのぞくお散歩日和。

そら組は植物園にお散歩に出かけました。春にお花見をした桜の木のひろばは緑がいっぱいで、みんな元気に走り回ります。

すると、草むらにカメがのそりのそり。「カメさんがカメさんを見つけた」と子どもたちは大喜びです。



最初は遠巻きに囲み、男の子たちは木の枝を拾ってつつこうとします。



ミミズも見つけました。でも怖くて近づけない子もいました。



倒木を列車に見立ててみんなで「乗車」。



土を踏みしめ、発見し、探索し、緑の中でいっぱい身体を動かしました。

植物園内の植物などは採取も持ち帰りも禁止ですが、季節によって、入り口に「ご自由にお持ち帰りください」という果実などが並ぶことがあります。昨年秋はカリンの実をいただいてきましたが、今日は完熟の梅の実が並んでいたので、いただいて帰りました。



梅干しにしましょうか。梅ジュースにしましょうか・・・

【食育活動】そら豆のさやむきをしました

/ 保育のこと

ソラマメ9

豆類がおいしい季節となりました。そら組(2歳児)クラスの子どもたちが5月17日、そら豆のさやむき体験をしました。

まずは調理師がそら豆について説明します。「こうやってむくんだよ」



さっそくさやむきに取りかかりました。絵本「そらまめくんのベッド」に出てくるとおり、さやはふっかふかです。みんな上手にむいて、ふかふかベッドの感触を楽しんでいました。



さやむきをしたそら豆は塩ゆでしておやつに提供。みんなおいしそうに食べていました!

こどもの日のお祝い

/ 保育のこと

IMG_0719



5月5日は端午の節句、こどもの日。2歳児のそら組ではこいのぼりを作って飾りました。2日の昼食はこいのぼりのおにぎり。おやつにはこいのぼりクッキーが出ました。みんな、とてもうれしそうに食べていました。





また、園児の親類より、五月人形をご寄付いただき、玄関に飾っております。こどもの成長を喜び祝う日。ちいさいおうちでも、こどもたちのすこやかな育ちを見守りたいと思います。

ページの先頭へ

Copyright © まちのLDK All Rights Reserved.